プリントTシャツ着こなし術

プリントTシャツを自分で作るやり方

プリントTシャツを自分で作るやり方

プリントTシャツを自分で作るやり方 クラスでのおそろいTシャツを作る際や、簡単にオリジナルTシャツを自作したい時に便利なやり方があります。それはアイロンプリントシートを使用することです。
やり方としては、まずアイロンプリントシートを購入するのですが、文具店などで簡単に購入することができます。そしてパソコンで自分の好きなデザインを作成し、その画像をシートに印刷し、それをアイロンでTシャツに貼り付けます。業者に頼むとお金や時間がかかりますが、この方法であれば自宅で簡単に行え時間もかかりません。クラス全員分となると少し大変ですが、みんなで楽しみながら行えばそんなに苦ではありません。耐久性がどのくらいかという心配があるかと思いますが、洗濯してもすぐに絵がはがれてしまうということはほとんどないです。裏返してからネットを使用して洗濯すれば長く使用することができるでしょう。オリジナルTシャツを簡単に作成して、楽しみたい場合には、ぜひこの方法をおすすめします。

Tシャツにアイロンプリントするときのコツ

Tシャツにアイロンプリントするときのコツ オリジナルTシャツを作るときに便利なアイテムがアイロンプリント用紙です。家電量販店などで購入することができますが、最近では100円ショップでも気軽に購入できるようになりました。
使用するアイロンは底が湾曲していないもので溝などが無く、できればスチーム用の穴が開いていなくて温度調節が細かく設定できるものがベストです。実際にTシャツにプレスするときは生地の縫い目や首回りなどの厚みがある場所はなるべく避けることがポイントで、用紙の端の部分を特に念入りにプレスすることがコツです。
また、デザインに角がある場合はプレス後にその部分からはがれやすくなってしまうため、角はできるだけ丸くカットしておくと長持ちします。プレスする際は全体重をかける感じで、両手でしっかりと圧力をかけることが大切です。終了後はすぐにシートをはがさずに必ずよく冷めてからはがすようにすることと、プレス後24時間程度は密着が安定しないためシート同士を接触させないように気を付けましょう。

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.